スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

過去とか設定について(〒マン)

カテゴリー: ポストマン

なんか今ポストマンで設定語りが流行ってるみたいなのでろくに設定もない志摩について過去の色々から捏造してみたよ!
軽くまとめてみたけど内容が薄いね!









■神崎志摩



いちおう日本人なのかな。
産みの母親がイギリスと日本のハーフなので志摩はクォーターになります。
父親は日本人だけど誰かは不明。母子家庭。

実の母親はまだ志摩がまだ1歳にならない程のときに育児放棄して渡米。
母の両親が既に他界していたため幼少期は親戚をたらいまわしにされる。

5歳くらいのときに志摩を預かっていた親戚が志摩と借金を残して夜逃げ。
借金取りが来たけどそんなに悪い人じゃなかったので売り飛ばされたりはしなかった。
とりあえずと金融会社の社長のところに連れて行かれ、なりゆきというか「じゃあうちの子にしちゃおう」と軽ーく社長が引き受けて養子に。
社長には子供はちゃんと一人息子もいたので「だって女の子も欲しかったし」という本当に社長の軽いノリで。
ちなみに社長の奥さんは既に他界していて社長の母・社長・息子の三人暮らしでした。
息子は志摩より年下なので義理の弟にあたります。
社長のお母さんが会長です。志摩にとってはおばあちゃん。家庭菜園が趣味のおばあちゃん。
家は和風のでっかいお屋敷。庭に池とかある感じの。
志摩は厄介者扱いの貧乏暮らしから一転お金持ちの子に。人生何が起こるかわかりませんね。

たらいまわしにされてたせいか幼少時は大人しくて人付き合いの苦手ないじめられっ子。
学校でも男の子によく苛められていた。
しかしある時何かスイッチが入ってブチ切れて、いじめっ子を半殺しに。
それ以来明るくて社交的で好戦的な性格になったのでした。
めでたしめでたし。
スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://emilyandead.blog92.fc2.com/tb.php/174-8cdb3a37
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。